太陽光発電 設置

太陽光発電を設置する時に絶対に守るべき注意点を大公開!

太陽光発電のメーカー

 

太陽光発電のメーカーについて。
太陽光発電も、メーカーによって
機能性やメリット・デメリットなどが異なります。
いざ太陽光発電を導入するとなっても、
メーカーによって良し悪しが異なるので、
どこを選べば良いのか難しいですよね。

 

 

 

太陽光発電を選ぶ上でのポイントは、
1.メーカーごとの口コミや情報を得る
2.おおまかな特徴を知る
3.メリット・デメリットを知る
4.変換効率を知る
5.価格を知る
6.保証面を知る
7.アフターケアやサポートを知る

 

 

などが挙げられます。
変換効率は、メーカーを比較する上でとても役に立ちますよ。
もちろん、変換効率だけで良い太陽光発電と
決めつけることはできませんが、選ぶ上では役に立つでしょう。
ちなみに、東芝とパナソニックの変換効率が比較的高いようです。

 

 

 

そして、住宅の屋根によっても、
どのメーカーが良いか知ることができます。

 

 

屋根のタイプは大きく、
・切妻
・方形
・寄棟
・陸屋根
・片流れ

 

 

などがあります。
同じ条件の家はありませんから、屋根・日射・環境などすべてを見ながら、
もっとも自分の家にあったメーカーの太陽光発電を選ぶようにすると良いでしょう。

 

太陽光発電の原理について。
太陽光発電を設置するなら、
ある程度どんな原理なのか、知っておく必要があります。
そのほうが、安心して利用・契約できますよ。

 

 

 

簡単に、太陽光発電の原理を説明すると、
1.太陽電池モジュールで発電
2.接続箱
3.パワーコンディショナー
4.モニター
5.屋内分電解
6.電力量計

 

 

と、なります。
パワーコンディショナーから屋内分電解に流れ、電力量計にいきます。
そして、余った電力は、電力会社へと売電することができます。
とてもシンプルな原理ですが、やはり知っているのと知らないのとでは、
ずいぶんと違います。
どうしても、太陽光発電=お得というイメージのみを持たれがちですが、
天候に大きく左右されますし、適した条件というものがあります。
原理を知ることも大切ですが、環境や費用、メンテナンスなどについても、
理解しておくようにしましょう。

 

 

 

ちなみに、太陽電池モジュールで太陽光を受けると、
電流の大きさは光の強度によって異なります。
天候が左右されたり、日射量や日射時間が関係するのはこのためです。

 

 

そして、太陽光発電でもっとも重要になるのは、
「パワーコンディショナー」です。